弁護士コラム

2015.05.18

休眠口座と死後事務委任契約

休眠口座をご存知ですか。
休眠口座とは、10年以上放置されており、入出金や残高確認が行われておらず、口座を保有している人に連絡がとれない口座を指します。
日本では毎年800億円以上の預金が新たに眠っており、この中には亡くなった方の口座も相当数含まれると考えられます。

亡くなった方が生前頻繁に利用した口座は相続人にもわかりやすいのですが、そうでない口座はわかりにくいものです。
生前に結んだ契約やローンは把握がなおさら困難です。

ご自分の死後に発生する各種手続が心配なら、死後事務委任契約をご検討下さい。
福岡の当事務所が窓口となり、税務、登記のプロと連携を取って対応し、残されたご家族の負担を軽減いたします。
生前からのサポート活用で、安心して生活していただきたいと考えています。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.05.12

相続のことなら、まずは弁護士にご相談ください

相続のことなら、弁護士にご相談ください。

相続について、司法書士や税理士にも相談することは可能です。
しかし、弁護士以外の士業では、代理人となることはできません。
税理士や司法書士は、手続きの代行のプロなのです。
また、相続は、法律の専門分野です。
法律を知り尽くしている弁護士ならではの、きめ細かな対応が可能です。

しかし、時には他の士業と連携したほうが、迅速に対応できる場合があります。
福岡にある当事務所も、相続手続きについて、税理士や司法書士と連携したワンストップサービスを実施しております。
手間のかかる手続きも、簡単に行うことができると、ご依頼主様からも喜んでいただいております。

相続についてお悩みの方、どんな些細なことでも構いません。
お気軽に当事務所にご相談ください。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.05.07

相続のサポートなら専門家の当事務所にお任せ下さい

就職活動をすることを略して就活と呼ばれていますが、最近では婚活や妊活、終活という言葉まであるのはご存知でしょうか。
終活とは、人生の終わりを迎えた時に困らないように、お葬式やお墓、保険や相続などの手続きを事前に準備しておくことです。

特に、相続では残された家族や親族が争うことで、大切な家族が壊れてしまうこともあります。
事前に準備をしておくことで、トラブルを回避できることも多いので、ぜひ一度ご検討をおすすめいたします。
当事務所では、相続サポートを得意としており、全てをまとめてサポートを行うパックもございます。
また、他の士業との連携もありワンストップサービスで便利です。

相続や遺言などでお困りであれば、福岡県内に2か所ある当事務所までお気軽にご相談ください。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.04.30

相続全般のご相談をご希望の皆様へ

当事務所は福岡エリアを中心に相続全般のご相談ならびにサポート業務を行い、現在に至るまで多くのご相談者様より厚い信頼を賜っております。

当事務所が相続全般のご相談先として選ばれる理由として、相談時間をできるかぎり長い時間に設定しているという点にあります。

従来の相談時間は30分で設定されている場合が多く、30分ではとても話がまとまらないと考えた結果、従来にはない長めのご相談時間を設定いたしました。
詳しくは当事務所に是非お問い合わせください。
また当事務所ではご相談者様にご足労をおかけしないためにも税理士や司法書士などの各士業と連携をとるワンストップ対応を導入し、より迅速な対応を実現しております。

相続全般に関するご心配な点や気がかりな点などがございましたらお早めに当事務所にご相談ください。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.04.22

遺言信託という安心な遺言の方法があります

相続時にトラブルにならないようにと、生前に遺言作成しておきたいとお考えの方が増えてきています。

遺言信託という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。
遺言信託とは、近年信託銀行や弁護士事務所などが始めた新しいサービスです。
信託機関と相談した上でご自身で遺言を書いていただき、信託機関が遺言書を保管します。そして、亡くなった時には信託機関が預かっていた遺言の執行を行うというものです。

この方法によれば、弁護士がご本人の遺言だと明記しますので遺言が無効になることがなく、お預かりしますから第三者に遺言書を破棄されることもありません。
法律の専門家の下でしっかりと遺言書を作成管理できるところがメリットです。

福岡にお住まいの方で遺言書作成をお考えの方はぜひ当事務所にご相談ください。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.04.15

相続と遺言のことを誰に相談するか迷ったら。

相続や遺言ということばから想像することはなんでしょう。
これは他人ごとではありません。
自分のこととして考えてみてください。
愛する子どもたちをトラブルに巻き込まないために福岡にある当事務所にご相談ください。

また独り身の方も福岡の当事務所にご相談ください。
税理士、弁護士、司法書士がひとつになりあなたをサポートいたします。

誰に相談していいかわからないことなどありませんか。
そういう時に、電話をしたけれどたらいまわしなんてこともあります。
当事務所にご相談いただけたら、遺産相続なら迅速丁寧にサポートいたします。
依頼したけれど時間がかかって心配などということもありません。
それは経験のあるチームで専門的に進めるからです。
1時間の無料相談もありますので、まずはご連絡ください。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.04.08

遺言書について詳しくお知りになりたい方へ

当事務所は福岡エリアを中心に相続全般のご相談を承っている一方で遺言書のサポートも併せて行っております。

さて、遺言書と聞いて自筆による遺言書を連想される方も多いのではないでしょうか。

自筆による遺言書は、料金が発生せず、被相続人ご自身で作成できることが特徴ですが、遺言書の書き直しや修正などの手続きが面倒、手数料が発生するなど自筆ゆえのデメリットがあるのも確かです。
また、書式や内容によっては法的に無効となるケースもあり、自筆による遺言書は決して簡単ではなく、法律を熟知していない限り完璧な遺言書を作成することは困難であると言えます。

当事務所では、後々のトラブルも予見した上で遺言書作成サポートをさせていただきます。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.04.02

残された家族の為にも、遺言書を書きましょう

相続というものは、突然発生することがほとんどです。
親族の突然の死に、色々な手続きや準備に追われ、正常な判断ができないまま相続についての話し合いをすることで、争いごとに発展してしまうことも少なくありません。

そうならないための施策として有効なのが、遺言書を書く事です。
残された家族が不要な争いごとに巻き込まれないようにするためにも、きちんと遺産の内容を整理し、相続先を指定するなど、自分の意志、希望を遺言書として書いておくことをおすすめします。

ただ、遺言書は書けばいいという物ではなく、きちんと法律に則って書き、そして保管する必要があります。
当事務所は福岡にて、相続サポートを中心に活動しております。
どうぞお気軽にご相談ください。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.04.01

生命保険は相続財産?

生命保険は相続財産に当てはまるのでしょうか。なんと、誰が受取人になっているかによって決まります。亡くなった人自身が受取人であれば相続財産になります。しかし、特定の誰かを指定していた場合は、その保険金は指定された人の固有の財産になるため、相続財産ではありません。
相続税法とは扱いが異なる点には注意が必要です。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.04.01

事実婚

事実婚状態では・・・
もし結婚というかたちをとらず、「事実婚」の関係であったとします。その場合、基本的に、婚姻関係でない以上、法的な相続人ではありません。そのため、遺言や遺贈がない限り、財産を受け取ることが出来ません。パートナーがなんらかの事情で突然いなくなったときのために、遺言書を書いておくことがベストだと思います。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

1 2 3 4 5 6 7 8 16
YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687