弁護士コラム

2015.04.01

ペットに相続権?

ペットに相続権はあるの?
残念なことにペットに相続権はありません。財産を所有するには「権利能力」とよばれる権利を扱うことができる能力が認められる必要があります。この能力は人間や会社等の法人にしか認められておらず、いくら遺言書に記載したとしても、その遺言書は無効となってしまいます。
そこで、最近は「ペット信託」という方法が出てきました。ご自身の死後、ペットが満足な暮らしができるよう、工夫をすることができますので、気になる方は一度専門家に聞いてみてはいかがでしょうか。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.03.26

相続をスムーズにするための準備を

今持っている財産を自身で把握しておくことは、後々の相続をスムーズにするために大切なことです。

財産は土地や建物などの不動産のほか、物品や金銭や有価証券、借金などさまざまあります。
譲渡にかかる権利関係、法律も細かく関わりますので、専門家である弁護士事務所にご相談されることが近道かと思われます。

いざ相続となったとき、身内にどれをどのように譲渡するか、自身の意思の明示のための遺言についてのご相談も承ります。

当事務所は、福岡とその近郊地域からの相談を、弁護士、税理士、司法書士がチームで担当しており、安心した多様なご相談に対応できます。
相談をご検討されている方は当事務所ホームページで無料ダウンロードできる冊子や、初回1時間に限る無料相談を活用してください。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.03.25

隠し子について

もし突然、被相続人の隠し子が現れたら、その人は相続人になってしまうのでしょうか。実は、認知をされていたら相続人になることが出来ます。
日本では、夫婦のあいだに生まれた子を「嫡出子」とよぶのに対し、内縁関係の男女のあいだから生まれた子は「非嫡出子」とよばれます。そして認知された非嫡出子の相続分は、嫡出子に比べると半分となります。
しかし、非嫡出子の相続分が嫡出子の半分であることは違憲であると判決が出たため、法改正が行われ、平成25年9月5日以降に発生した相続は、非嫡出子と嫡出子の相続分は同じとなりました。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.03.23

遺留分とは

遺言を作成することで相続人が相続出来ないことがあります。それを防ぐために、「遺留分」といわれる遺産の一部を取得できることを保証したものがあります。もし、自身が相続した財産が遺留分に満たないときは、「遺留分減殺請求権」というものを行使することができます。
ただし、「遺留分減殺請求権」には時効があります!!!
遺留分の侵害を知ってから1年以内、相続開始後10年以内!!
その間に、権利を主張する必要があります。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.03.19

相続は専門家に依頼をすると迅速に対応ができます

福岡で相続に関するご相談は、当事務所にお任せ下さい。
相続は法律の専門分野なので、弁護士に相談をすることが安全と言えます。

また、手続きには弁護士の他、相続税の申告に税理士、不動産登記には司法書士と専門家の担当が必要になります。
当事務所では、優秀な士業が連携をしてチームで担当致しますので、面倒な手続きもワンストップで迅速に対応することができます。
責任をもって皆様にかわり相続手続きを行いますから、ぜひ当事務所にご連絡下さい。

初回に限り1時間の無料相談会を実施しております。
相続に関してのお悩みやご質問がありましたら、気兼ねなくご利用下さい。
当事務所を知る機会になりますし、相続のご相談もじっくりと話すことができると思います。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.03.17

相続全般のご相談を承っています

当事務所には相続についてご不明な点やご心配な点についてお問い合わせされる方が大勢いらっしゃいますが、その中のひとつに借金など所謂負の遺産は相続したくないが、不動産などの財産のみを相続したいというご相談事例があります。

一般的に負の遺産を相続されたくない場合は相続放棄という方法がありますが、相続放棄の場合はプラスの財産も放棄しなくてはなりません。

しかし、限定承認という方法を行うことで上記のような事例が適用される場合があります。
限定承認はプラスの財産の範囲内でマイナス分を相続する方法ですが、より詳しい内容は当事務所にお問い合わせください。

当事務所は福岡を中心に相続を得意とするサポートならびにご相談業務を行っております。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.03.10

納得のいく相続を行うため遺言書作成

相続なんて自分には関係ないと思っていても、その時は突然やってきます。
事前に準備していなければ、思いもよらない遺産争いを招くこともあります。
いわゆる争族を回避し、自分の意思をしっかり相続に反映させるためにも、生前対策が必要です。

生前対策として有効なのが遺言書の作成です。
自筆で書くことも可能ですが、条件を満たしていなければ遺言書として認められない場合もありますので、法律の専門家である弁護士にお任せいただきたいと思います。
当事務所では、弁護士が様々なケースまで考慮しながら遺言書の作成をお手伝いします。

相続には様々な手続きが必要です。
当事務所はその他士業と連携してワンストップサービスを行い、スピーディーな対応を心掛けています。
福岡にお住まいで、相続でお悩みの方は当事務所にご相談ください。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.03.04

大切な家族のためにできること

人がどうしても避けては通れない問題に、相続があります。
相続で問題が起こるほど財産がないから、とおっしゃる方もいらっしゃいますが、金銭問題は人の心を時にはトゲトゲしくしてしまうものです。
大切な人にそんな悲しい想いをさせないためにも、しっかりと事前に相続に向き合ってみましょう。

では、何をどのように進めたらよいのでしょうか。
相続は複雑な手続きがあり、また状況により、より得意とする専門家が異なってきますので、一層困惑してしまうことでしょう。
当事務所は、そんな不安を抱えている方でも安心の、一時間無料相談をお受けしております。
他の士業の専門家とのしっかりとした連携もありますので、より確実に適切なアドバイスをさせていただけることでしょう。

福岡方面の方、どうぞお気軽にご相談ください。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.02.24

遺言作成は弁護士に相談しましょう

生前に、遺す財産のことをきちんと考えている方は少ないものです。
しかし、相続は現実に発生すると問題が起こることが大変多いです。
無用のトラブルを招かないためにも、生前に遺言を作成しておくことをおすすめします。

遺言には、ご自身の財産について誰に何を相続してほしいのかを決めておくことができます。
特に、不動産や会社の資産などを適切な相続人が相続できるよう指定しておくことはとても重要なことです。

一口に遺言といっても、実はいろいろな方法があります。
有効な遺言でなければ意味がありませんから、作成されるのであれば弁護士に相談して作成することをおすすめします。

福岡にお住まいの方で遺言作成をお考えの方は、ぜひ当事務所にご相談ください。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.02.19

相続問題は当事務所におまかせください

遺産相続について、みなさんはどれぐらいご存知でしょうか。
相続人の優先順位や法定相続分、相続の対象となるものについてなど、一口に遺産相続と言ってもその内容は様々です。

特に相続の対象となるものについてですが、プラスのものだけではなく、マイナスのものもあるということを知らない方が結構多いようです。
マイナスのものとは、借金やローン、その他債務のことです。
プラスの財産よりもマイナスの財産の方が多いと、相続がもとで借金を背負ってしまうことになりかねません。
マイナスの財産の方が多い場合は相続放棄がおすすめですが、手続きには期限があったり、相続人の意見が合わなかったりすることも少なくありません。
まずは専門家へ相談するのが確実です。

福岡で相続問題でお困りの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

1 2 3 4 5 6 7 8 9 16
YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687