弁護士コラム

2015.11.09

【弁護士が語る終活】エンディングノートと遺言書、なぜ二つ必要なのか

以前ブログで、遺言書とエンディングノートは別物ですとお話しました。
エンディングノートには財産分与についてのお話を書いても、法的効力はありません。
このようにお話しますと、「ではエンディングノートはいらないのではないか?」というお声を聞きます。
それはまた、ちょっと違います。

確かに、財産分割や相続、事業継承のことなどの重要な内容に関しては、遺言書というきちんとした形で残していただく必要があります。
しかし、遺言書にそれ以外のあまりにも細かいこと、例えばお墓のことや葬儀のこと、身のまわりのものの処分についてなど、書きすぎてしまいますと、本当に遺言書を通さなければならない重要な事柄が、それらに埋もれて煩雑で分かりづらくなってしまいます。

遺言書に、書いてはいけない内容は決まっていません。
つまり、何を書いても良いのではありますが、できれば法的にきちんと処理を行わなければならない内容を遺言書にはまとめ、それ以外の部分に関してはエンディングノートに記すというのが理想的です。

また遺言書とエンディングノートの大きな違いは、遺言書は亡くなった後の話しか書けませんが、エンディングノートであれば、自分が生きる老後のことについても書くことができます。
日本人は長生きです。
いわゆるシニアライフは、想像しているより長いのです。
自分の人生を自分らしく過ごすためにも、エンディングノートは重要なアイテムなのです。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.11.02

【弁護士が語る終活】エンディングノートに書くべき事②

前回に引き続き、エンディングノートに書くべき、具体的な内容の例をご紹介します。
今回は、あなたの死後についての内容です。

とても大切なことは、財産の所在と、どのように管理をしているのかです。
それをまとめてその上で、遺言書の有無を記載しておきましょう。
相続に対する自身の考えも書いておくと、あなたの気持ちが伝わりやすくなります。
相談している弁護士がいるのであれば、その弁護士の連絡先も書いておきましょう。

あと、家族が一番迷ってしまうのが、葬儀についてです。
お墓までは、生前に用意する方が多くなっているのですが、葬儀のことになるとまだ生前に用意する慣習が薄くて、そこまでされる方は少ないようです。
せめて、このような葬儀がよいとか、遺影はこの写真が希望とか、必ず連絡して欲しい人のリストや葬儀の予算希望などは、エンディングノートに書いておいてあげると、残された家族は葬儀の詳細を決める時に楽だと思います。

そして財産とまではいえないような身のまわりのもの、例えば着物や楽器など、自分が大切にしているものを譲り渡したい方がいれば、それも書いておくと家族は分かりやすいです。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.10.29

【弁護士が語る終活】エンディングノートに書くべき事①

エンディングノートを作りましょうとお話しすると、「何を書けばよいのでしょう」というご質問をいただきます。
当事務所では「これから先のこと、そしてなくなった後のこと、自分が希望することを何でも書いてよいのです」とお話しますが、そうすると「何でもといわれると余計に分からない」とおっしゃる方も多いです。

実際に何でも書いてよいのです。
内容も幅広くてかまいません。
それこそが、エンディングノートの良さなのです。
でも、このブログでは分かりやすいように、具体的な内容の例をご紹介しようと思います。

その前に一つだけ脇道にそれる話ですが、書かない方がよいと私どもが思うのは、「人の悪口」です。
何でも書いてよいものとはいえ、最終的には家族が目にするものです。
「人に見られるもの」という大前提を、念頭に置いた書き方がよろしいかと思います。
それ以外は、自由な文章でかまわないと思います。

最初に書くのが、人生の最終章であるこれからの人生についてです。
例えば、一番身近なものは介護についてでしょう。
どのようなスタイルの介護を希望するのかということを、認知症になって自分で伝えられなくなることを前提に、書いておくとよいと思います。
あと、重病になってしまった時のことを考えて、延命措置を希望するのかとか、臓器提供に対する気持ち、癌などの告知についてなども、記しておきたいものです。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.10.22

【弁護士が語る終活】エンディングノートと遺言書は別物です

10月も後半になりまして、暑さも少しずつ和らぎ、秋の風を感じられるようになってきました。
いままで終活をおすすめして、いろいろ書いてまいりましたが、寒くもなく暑くもないこの時期は、霊園選びやお墓選びに出かけやすい季節です。
前にもお話しましたが、墓地・墓石は相続税の非課税財産となりますので、もし先祖代々のお墓がないご家庭は、前もってご用意されることをおすすめいたします。
できればその後、永代供養を行うお子様などと、よくお話し合いになってお墓を決められると、よろしいかと思います。

先日、エンディングノートを作成しましょうとお話しましたが、エンディングノートには遺言書としての効力は全くないということを、ここで理解し気をつけていただきたいと思います。
意外と知られていそうで知られていないのが、遺言書とは三種類あり、その全てが公的な文書として認められます。
それだけに、いろいろなルールがあり、それに則っていませんと、遺言書としては認められないのです。

かろうじてエンディングノートに近いものが、自筆証書遺言書というものなのですが、これでさえも、遺言者が直筆で全文をつくり、日付、氏名も全て直筆、そして最後に押印がなければいけないというルールがありますので、エンディングノート=自筆証書遺言書とはならないのです。
つまり終活を行うにあたり、エンディングノートと遺言書は、両方用意する必要があるのです。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.10.15

【弁護士が語る終活】エンディングノートを仕上げる

自分のこれからの人生にかかる費用を予算配分できましたら、エンディングノートを仕上げていきます。

お墓はどうするのか、自分で用意するにしても子どもに託すにしても、自分の希望を固めてノートに書き記しましょう。
もちろん、先もって決めた予算がありますので、それを念頭において考えます。
ちなみに墓地・墓石は相続税の非課税財産なので、当事務所では生前にご用意されることをおすすめしております。

葬儀についても、自分の希望があれば書いておきましょう。
自分で事前に、葬儀社と契約される方も多いです。
この場合は、どこのどの葬儀社にどのように契約しているのかをエンディングノートに残します。

認知症になってしまうと、介護の希望も伝えられなくなってしまいます。
介護はこのようにして欲しいなどあれば、その旨もしっかり書いておくと家族は分かりやすいです。

実は家族であっても意外と、総資産の詳細を知らないことが多いのです。
いつも使う通帳に入っている現金や、住んでいる不動産はさすがに分かりますが、生命保険や株券、外貨預金や会員権など、家族にとっては分かりづらいのです。
エンディングノートに分かるようにしておきましょう。

遺言として残された家族に伝えたいことも、エンディングノートに書いておくと、言葉よりも伝わりやすいです。
ただ相続に関することは、遺言書に残すようにし、遺言書があることをエンディングノートに書いておくようにします。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.10.08

【弁護士が語る終活】セカンドライフの予算配分をする

自分のセカンドステージを彩るために、どのぐらいの費用がかかるのかが分かったら、ここで初めてエンディングノート作成にとりかかりましょう。
最初に必要なのは、予算配分です。

引き続き、先日のブログに登場した、65歳の男性に登場してもらいましょう。
彼は、二年に一度の海外旅行に5回行くことで、250万円。
そして75歳から老人ホームで5年介護を受ける生活を送ることで、1800万円必要ということになりました。

ここからまずは、自分の資産総額を計算します。
この男性の場合、貯金が3000万円、現在の住居である一軒家が土地の価値だけでも4000万円、年金が月に約18万円、生命保険が1000万円という感じだとしましょう。
老人ホームの費用に関しては、自宅を売却することで問題なくカバーできます。
もっと長生きしても、払い続けることができます。
貯金から海外旅行代を引くと2750万円残ります。
毎月の生活は、年金でカバーできるように心がけます。

そうすると、貯金の残り2750万円で、他に費用がかかる内容のものを予算分配していけばよいのです。
もちろん、病気などで年金だけでは生活資金が不測することも想定して、お金をなるべく残す方向性で予算配分します。
たとえば、エンディングノートに「お墓を2年以内に購入」と決めたとしますと、お墓の予算は100万円。
「お葬式はこのようなスタイルで」と決めたのなら、お葬式費用は200万円という感じです。

また生命保険の1000万円に関しては、財産分与を行うというものになっていきますので、例えば、永代供養にかかる費用などを考え、誰にそれを頼むのかをはっきりとして、その上で遺産分割割合などを考えていく必要があります。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.10.01

【弁護士が語る終活】やりたいこと・楽しいことにかかる費用

こんにちは!弁護士法人菰田法律事務所です。
先日、終活は人生の最終章を、どのように過ごしたいかという、これからの人生の中の楽しいことをイメージして、決めていきましょうとお話しました。
もう決まりましたか?

次に考えなければならないのが、そこにかかる費用のことです。
人間、ただじっと生きているだけでもお金がかかります。
楽しいことをしたり、このように過ごしたいと、アクティブに動けば動くほど、更にお金がかかるのです。

最終章をいかに有意義に楽しく過ごしたいかを決めた後は、そのためにかかる費用を割り出します。
例えば65歳の男性の方が、「これからは夫婦で海外旅行を楽しみたい」「介護は老人ホームで受けたい」と決めたとしましょう。

海外旅行は、きっと75歳ぐらいまではいけるだろうと仮定し、1回50万円の予算を組み二年に一度行くとなれば、そこにかかる予算分配は250万円となります。
75歳ぐらいから老人ホームに入る可能性があると仮定し、そこから5年間老人ホームで生活するとしますと、月30万円のところであれば年間360万円、5年間で1800万円かかることになります。
自分の資産と年金からそれが可能かどうか、可能なのであれば予算をある程度決めて、残りの自分の資産と年金額をはっきりとしていきます。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.09.28

【弁護士が語る終活】これから先のやりたいこと・楽しいことを考えよう

前のブログでも書かせていただきましたが、「終活」と一言で申しましても、終活の内容は多岐に渡ります。
私たち弁護士がよくご相談いただく、相続の問題や遺言書作成なども、終活の一部なのですが、終活とは正直、内容によっては、なかなか難しいものも多いです。
更には、死後のことが終活内容の割合的に多く含まれるため、人によってはネガティブな方向性になってしまい、終活そのものに嫌気がさしてしまう方もいます。

よく、「終活をはじめるにはまず、エンディングノートを作ることからスタート」という専門家が多いです。
でもこのエンディングノートには、終活の幅広い内容を記していかなければなりませんから、なんだか頭の整理がつかなくなっていくと思うのです。

おまけに、終活を意識しはじめる50歳代は、まだ働いている方も多い年代ですし、マイホームを購入したり車を買い替えたり、新しい趣味を開拓したりと、まだまだアクティブに過ごす時期。
終活に本腰を入れはじめる方が多い60歳代中盤も、人生のセカンドライフに向けて、まだまだ先は長く、ここから自分らしく楽しみたいという方も実際に多いです。
つまり終活は、人生を締めくくるためのものではなく、人生の最終章を自分らしく彩るものなのです。

そのため当事務所では、終活の第一歩はエンディングノートではなく、セカンドライフという人生の最終章を、どのように過ごしたいかという、これからの人生の中の楽しいことをイメージして、決めていくことからはじめましょうと、お話しています。
お孫さんの成人式が見たい、海外旅行に3年に一度行きたい、ジムに通いたい、テニスをはじめたいというような、死ぬまでにやりたいことを、考えてみましょう。
あと老後、介護が必要になった時、自分はどのように過ごしたいのかも、イメージしておきましょう。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2015.09.21

【弁護士が語る終活】終活のススメ

今回から数回のブログに分けて、「終活」について、お話したいと思います。
最近、かなり浸透してきている言葉なので、終活をご存知の方も多いとは思います。
2013年にヤフー株式会社が行ったインターネット調査では、約6割の方が、終活を認知しているそうです。
でも、ご存じない方も多いと思いますので、改めてご説明いたしますと、終活とは一言で申しますと、「自身の人生が終わる時のために向けた活動」のことを言います。

人は誰でもいつか亡くなります。
その時がいつ来るかは分かりません。
でも必ず、その日は来ます。
その日までにしておきたいことをする、準備しなければいけないことをしっかり準備する、家族に伝えなければならないことをまとめるなど、終活の内容は多岐に渡ります。

自分の人生です。
想い描く理想的な最後を迎えられるようにするために、当事務所では、終活を接極的におすすめしております。

終活を意識しはじめる年齢は、50代が一番多いと聞きます。
仕事も落ち着き子どもも大きくなり、自分の将来そして最後を考えはじめる年代なのだと思います。
あなたも、終活をはじめませんか?
当事務所で、お手伝いをさせていただきます。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687