弁護士コラム

2013.05.22

被相続人と相続人について

こんにちは。
福岡県那珂川で唯一の法律事務所、菰田法律事務所です。
相続や遺言について、専門的な立場から皆様のご相談にのるお仕事をしています。
今日はどんなときに相続が発生するのか、被相続人と相続人とは通常誰を指すのか、ということをお話ししたいと思います。

相続は人が亡くなったときに発生し、その家族が相続人、亡くなった方を被相続人とします。
亡くなった方のご家族構成によって、法的な遺産分配率(法定相続分といいます)が異なってきます。
また、この法定相続分は故人の遺志を遺言という形で遺すことによって、完全に自由にではありませんが、割合や相続人を変更することができます。

離婚や再婚をされていたり、内縁関係、養子縁組などがあって、相続人の優先順位がわかりにくい場合があります。
また、前夫や前妻との間の子とは、生前はご家族の気持ちもあってあまり会っていなかった場合などもあるかもしれません。
法的には同等に扱われる場合もありますので、トラブルに発展するケースもあり、注意が必要です。
ご不明な点を明瞭にしておきたい、という場合にはぜひ、当事務所までご相談ください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687