弁護士コラム

2013.08.30

遺言書の必要性

自分の身に万が一のことが起きた場合、残された方々のため対策を講じていますか?
奥さんであったり、旦那さんであったり、残る子供たちなど色々な大事な方がいると思います。
その時に何も準備をしていないと、予期せぬトラブルが起こってしまうかもしれません。

やはり1番は相続に関わるお金や人間関係の問題です。
お金の問題といっても様々ですが、1番は兄弟や親族との相続分のトラブルです。
この問題はお金の問題だけでなく、その後の兄弟や親族などとの間での人間関係にも影響していきます。
又、「財産が家や畑しかないから…」と言われる方も多いですが、土地、建物も立派な財産です。
もし現金がなく土地、建物だけで揉めたら、先祖代々の土地を売却して現金を分けなければならないことも良くあります。

このような心配事を防ぐには、やはり遺言書が一番効果的です
遺言書があれば揉める確率は格段に下がります。
遺言書は自分自身でも書けますし、弁護士に依頼することもできます。
(遺言書は作成の決まりを間違えると無効になるので注意!)
興味のある方は、万が一に備えて準備することをお勧めします。

那珂川町、春日市、大野城の皆様、是非一度ご相談ください。菰田法律事務所

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687