弁護士コラム

2013.12.16

単身の方は死後の整理をどうしますか

近年、結婚を望まない方が増えているようです。
東京都では30代で結婚していない男性が全体の半数近くになり、女性は4割近くにも上ると言います。
それに加え、結婚したカップルの3組に1組は離婚していると言います。
経済的な余裕のなさもあるでしょうが、結婚への価値観も変わってきたのでしょう。

しかし、単身者が将来亡くなった場合、葬儀やマンションの退去手続き、借金の返済、遺品整理などは誰がするのでしょう。
頼れる親戚や兄弟がいる場合は問題ありませんが、必ずしもそのような方々がいるとは限らないのも昨今です。

福岡の当事務所では、そのような方のために、生前からお付き合いいただいて葬式から遺品整理などの各種事務処理をお手伝いしています。
ご自分の死後について不安のある方は、お気軽に当事務所までご相談ください。

死後事務委任契約についてお悩みの福岡市、那珂川町、春日市、大野城市、太宰府市などの方々は、お気軽に菰田法律事務所までご相談ください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687