弁護士コラム

2014.02.25

家族に迷惑かけないように生前から相続準備

終活が話題になっています。
自分に万が一のことが起きた時に、葬儀やお墓の希望や、遺品の整理についての指示を書き残すことです。

しかし、何から書いたらいいか皆目分からない方のために、エンディングノートというものもあり、福岡でも高齢者中心に売れているようです。
これは、死後に家族や子どもに迷惑かけたくないという気持ちの表れでしょう。

ところがエンディングノートには法的効力はありません。
そこで、エンディングノートと共に、法的効力を持つ遺言書も作成すれば万全です。
当法律事務所では、生前からのサポートや相続パックのような様々な遺言対策を用意しております。
死後に家族が当惑したり、子ども達が争うといったトラブルを避けるために、まずは初回一時間の無料相談にお越しになってください。

遺言についてお悩みの福岡市、那珂川町、春日市、大野城市、太宰府市などの方々は、お気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までご相談ください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687