弁護士コラム

2014.11.18

遺言書が見つかったらどうしますか

自筆の遺言書が見つかったら、どのようにすべきかご存知でしょうか。
遺言書が封印されていなかった場合には、相続人全員にその内容を知らせる必要があります。
また、家庭裁判所で遺言書の内容を記録する、検認手続きが必要です。

遺言書が封印されている場合には、即座に開封することは禁じられており、開封してしまった場合には、罰せられるので注意が必要です。
封印されている場合には、家庭裁判所で相続人立会いの元、開封することになっています。
家庭裁判所で検認された遺言書でないと、不動産の相続登記や預貯金の名義変更ができません。
公正証書遺言であれば、検認手続きは要りません。

当事務所では、遺言や相続についてサポートしています。
福岡にお住まいで、遺言書や相続問題でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

相続でお悩みの福岡市、那珂川町など福岡近郊、佐賀・長崎・熊本など他県の方のご相談も受け付けております。お気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687