弁護士コラム

2015.04.01

事実婚

事実婚状態では・・・
もし結婚というかたちをとらず、「事実婚」の関係であったとします。その場合、基本的に、婚姻関係でない以上、法的な相続人ではありません。そのため、遺言や遺贈がない限り、財産を受け取ることが出来ません。パートナーがなんらかの事情で突然いなくなったときのために、遺言書を書いておくことがベストだと思います。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687