弁護士コラム

2015.06.23

相続に関する生前対策は家族への思いやりです

自分のところは大丈夫と思っていても、いざ相続となると、思いもよらない家族間の争いが起きることもあります。
自分の意思をしっかり相続に反映させ、遺産争いを避けるためにも、生前の準備が大切です。

生前対策で有効なのが遺言書の作成です。
遺言書には自筆証書遺言、公正証書遺言といった種類があります。
自筆証書遺言は故人が自筆で書いた遺言書ですが、遺言書の作成には専門的な知識が必要であり、条件を満たしていなければ遺言書として認められない場合もありますので、その道のプロである弁護士にご相談ください。

相続には様々な手続きが必要となりますが、当事務所はその他士業とも連携していますので、ワンストップサポートが受けられます。
福岡にお住まいで、相続でお悩みの方は一度当事務所にご相談下さい。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687