弁護士コラム

2015.11.16

不動産相続のご相談はお早めに菰田法律事務所まで

弁護士法人菰田法律事務所では、不動産相続について、よくご相談いただいております。
「土地」は、とても高いもので、現金財産よりも不動産財産の方が、額面的に大きいという方も、かなり多いです。

でも現金と違い売却して現金化しない限り、土地を半分にするといっても、広大な土地ならともかく難しいケースが大半です。
実際に居住していると、その不動産を配偶者に残してあげないと、配偶者が困ってしまう、でもそれだと子どもに遺産分配する分が、極端に少なくなってしまうという事態も起こります。
跡取りが同居している場合は、もっと難しい問題になるケースが多いです。

また相続税が発生してしまった時、現金であればその受け取った現金から相続税を納めればよいわけですが、土地で相続をしてしまうと、相続税を自分の資産から捻出しなければならなくなる場合もあります。

不動産相続は、難しい問題を抱えているケースが多く、そしてそのケースはまさにケースバイケースで、「これが正解」という答えが、ご相談者様によって異なります。
不動産相続の経験豊富な、弁護士法人菰田法律事務所になんなりとご相談ください。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・太宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687