弁護士コラム

2016.04.30

本人の死亡後の後見人等の義務

本人が死亡すると、後見等の制度は終了となりますが、本人死亡後についても、後見人等にはいくつかの果たすべき義務があります。

 まず、後見人等は、本人の死亡から2ヶ月以内に、後見期間中の収支決算を明らかにした上で、後見終了時の後見財産を確定し、その結果を相続人等に対して報告しなければなりません。

また、本人の死亡と同時に、その財産は相続人等に帰属することとなりますので、後見人等は相続人等に当該財産を引き継ぐ義務が発生します。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687