弁護士コラム

2016.05.25

遺言の無効・取消し①

遺言を残す者が遺言の方式に従って意思表示をすれば、遺言は成立し、遺言者の死亡時に効力が発生します(985条1項)。

しかし、遺言イコール意思表示の成立過程に問題がある場合(方式違反がある場合、遺言能力を欠く場合、意思に瑕疵がある場合があります。)や、遺言の内容自体に問題がある場合には、遺言全体または遺言の効力が否定されることがあります。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687