弁護士コラム

2016.06.01

遺言の撤回③ 前の遺言と抵触する遺言や法律行為をした場合

撤回の意思が遺言によって明示されていない場合であっても、(1)遺言者が前の遺言と内容的に抵触する遺言をした場合(民法1023条1項)や、(2)遺言者が、遺言が完成した後に遺言と抵触する法律行為をした場合(民法1023条2項)にも、その抵触する部分について、遺言は撤回されたとみなされます。

例えば、遺言者が、甲不動産をAに遺贈する旨の遺言をした後、甲不動産をBに遺贈する旨の遺言をした場合…(1)や、Bに生前贈与した場合…(2)に、Aへの遺贈が撤回されることになります。

なぜなら、このような場合には、撤回意思の存在が推測されますし、明確な撤回意思がなかったとしても、「遺言者の最終意思の尊重」という要請からは、後の遺言や生前行為で示された意思が尊重されるべきだからです。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687