弁護士コラム

2016.06.07

(3)個別分割

個別分割とは、相続財産の現物をそのまま配分する方法のことをいいます。

例えば、相続財産として甲土地と乙土地があり、共同相続人として子AとBがいたと仮定します。もし、現物分割で分割を行う場合は、甲、乙それぞれの土地の所有権の2分の1がAに、残りの2分の1がBに配分されることになります。

しかし、それぞれの土地を共有としてしまうと、現実的には、ABともにいちいち相手の確認をしなければ処分等ができなくなり、実際の利用として不便です。

そこで登場するが個別分割で、例えば、上記の例でいえば、Aには甲土地の所有権全部、Bには乙土地の所有権全部を与えるというように分配する方法です。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687