弁護士コラム

2016.06.07

(4)換価分割

換価分割とは、相続財産を金銭に換えて、その金銭を共同相続人間で分配するという方法のことをいいます。

現物分割や個別分割で土地等を個別に分割するとしても、その土地の価額が不釣り合いである等、相続人の間で不公平が生ずる可能性があります。

しかし、相続財産を換価して金銭にし、それを分配するという方法を取れば、どのくらいの価値のものが分配されるのか明確で、分配の公平もある程度保障されます。

そのため、相続財産が、現物分割では利用の現状に沿わず、加えて、個別分割では公平に分割できないような財産が含まれている場合には、この換価分割が用いられることがあります。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687