弁護士コラム

2016.06.15

2.内縁の妻の相続

 

被相続人の配偶者は、常に相続人であることを、以前お話ししました。では、いわゆる「内縁の妻」は内縁の夫の相続人となることができるのでしょうか。

 ここでいう配偶者とは、法律上の婚姻関係にある夫婦の一方(夫又は妻)を指しています(民法739条)。したがって、内縁の妻は「配偶者」には含まれないため、相続人にはなりません。

 この場合、内縁の夫の遺産は、すべて内縁の夫の法定相続人に相続されることになるため、内縁の妻に遺産を取得させるためには、内縁の妻に「遺贈」(民法964条)又は、内縁の妻との間で「死因贈与契約」(民法554条)を締結する必要があります。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687