弁護士コラム

2016.09.23

11 相続の対象 (4)被相続人に属さない財産 ①死亡保険金

被相続人を被保険者とする死亡保険金は、被相続人の死亡によって請求する権利が発生します。

これは、被相続人が持っている財産ではありませんが、被相続人の死亡を原因とする点では相続と共通する点があります。

死亡保険金の受取人が被相続人自身であった場合には、死亡保険金請求権は相続財産となり、相続人に承継されると考えられています。

 

しかし、以下の2点の場合は相続財産とならないことになっています。

 

(1)受取人が特定の相続人となっている場合

例えば、被相続人が配偶者を受取人に指定した場合です。

死亡保険金請求権の原因となった保険契約は、配偶者が固有の権利として取得するものであり、被相続人から承継する相続財産とは区別されます。

 

(2)受取人が単に相続人となっている場合

この場合も(1)同様に、死亡保険金請求権は相続人の固有の権利であるとし、相続の対象とはなりません。

 

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687