弁護士コラム

2017.02.23

4 遺贈(14)条件・期限付き遺贈①

今回からは、少し特殊な遺贈についてお話ししていきます。

 

通常の遺贈は、遺言者の死亡と同時に効力が発生しますが、遺言者は、特定遺贈または包括遺贈をするにあたり、なにかしらの事実が実現したら、効力が発生するように定めることができます(985条2項)。

これを、停止条件付遺贈と呼びます。

また、遺贈に始期や終期を定めることもできます。

これを期限付遺贈と呼びます。

例えば、「私が死んで1周忌が来たら、Aに甲土地を遺贈する」というのは始期付遺贈となります。

「Aに甲土地を遺贈する。もしAが遺贈を放棄した場合には、Bに甲土地を遺贈する」というのは、Aへの単純な遺贈と、Bへの停止条件付遺贈を意味します。

 

このように、遺言者は、遺言によって遺贈に条件や期限を定めることができるのです。

 

 

福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687