弁護士コラム

2017.02.23

遺言の撤回(6)

法律行為や身分行為以外でも、遺言の撤回が認められる場合があります。

 

撤回意思が遺言で表示されていない場合でも、遺言者が前の遺言書や遺贈目的物を故意に破棄した時は、破棄した部分について、遺言を撤回したとみなされます(民法1024条)。

このような事実行為を行ったことに、撤回意思を認めることができるからです。

したがって、故意ではなく過失によって遺言書を破棄した時は、撤回の効力は生じません。

なお、以前お話しした遺言の方式の内、公正証書遺言の場合は、原本が公証役場に保管されているため、遺言者が手元にある正本を破棄しても撤回の効力は生じません。

 

また、これとは別に、遺言者が遺贈の目的物を過失によって破棄した時は、撤回の効力は生じませんが、遺贈の効力も生じません。

第三者によって遺贈目的物が破棄された場合には、遺言者が償金請求権などを取得していれば、その権利が遺贈対象となりえます(999条1項)。

 

 

福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687