弁護士コラム

2017.02.23

遺産の共有と分割

以前お話ししたように、被相続人に生前帰属していた財産のうち、一身専属的な権利義務と祭祀財産を除いたものが、相続財産となります。

今回から、この相続財産が、どのように各相続人に帰属するか、そのプロセスをお話ししていきます。

 

相続財産には、相続開始と同時に法律上当然に分割されるものと、共同相続人間の遺産共有の状態になるものがあります。

前者は銀行預金のような金銭債権等がこれに当たり、不動産などが後者に当たります。

遺産共有状態になった相続財産は、遺産分割の手続きを経て初めて、各相続人の単独の権利として帰属します。

 

次回からこれらの手続きについてお話ししていきます。

 

 

福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687