弁護士コラム

2017.02.23

遺産の共有(1)

民法898条は、相続人が複数あるときは、相続財産はその共有に属すると規定しています。

これを遺産の共有と呼びますが、民法249条以下の共有と基本的には同じように扱われます。

 

たとえば、相続財産中の不動産は、共同相続人間でその所有権は共有され、各相続人は共有持分を持ちます。

占有権を共同相続した場合には、共同相続人間で共同占有となり、担保物権を共同相続した場合には、準共有(民法264条)となります。

また、借地権を共同相続した場合には、同じく準共有となり、共同相続人は賃料について特段の事情がない限り、不可分債務として全員が義務を負うとされています。

 

 

福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687