弁護士コラム

2017.03.10

5 遺産分割(1)

共同相続人間の遺産共有は暫定的かつ過渡的なものであって、遺産分割によって最終的な所有権の帰属が確定します。

 

遺産共有の段階では、共同相続人の持分である相続分とは、法定相続分ないし遺言による指定相続分に応じた持分を指します。

これに対して、遺産分割の際は、特別受益や寄与分を含めて計算した具体的相続分に応じて分割されます。

この計算については、具体例を交えて以前お話ししていますので、ぜひ確認していただけるとよいかと思います。

 

次回以降、遺産分割の方法や、対象となる財産、遺産分割手続きや効力において生じる問題についてお話ししていきます。

 

 

福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687