弁護士コラム

2017.03.10

7 遺産分割(3)遺産分割の方法②

遺産分割協議による分割は、その名の通り共同相続人間の協議で分割の仕方を決定します。

その際、以下の5つの方法で分割されるのが通常です。

 

①現物分割 現物それ自体を分割する方法であり、例えば甲土地を相続人A・Bで分筆したり、物権法上の共有の状態にする場合がこれにあたります。

②個別配分 現物分割の一種とも言えますが、甲土地をAに、乙土地をBに、といった具合に現物をそのまま共有等にせずに配分する方法です。

③換価分割 遺産を金銭に換えて分割する方法であり、甲土地を第三者に売却して、その代金をA・Bで相続分に応じて分けることにより、遺産を分割します。

④代償分割 現物を特定の相続人が取得する代わりに、他の相続人にその相続分に応じた金銭を支払う方法です。甲土地をAが取得し、Aがその代わりとしてBに対して甲土地の評価額のうちBの相続分に相当する金銭を支払うことにより、遺産を分割します。

⑤それ以外の方法として、例えばAが甲土地の所有権を取得して、その借地権をBが取得する(実際に甲土地を利用するのはB)といった、利用権の設定という方法が取られることもあります。

 

これらの方法のどれか、あるいは複数を用いて、具体的相続分に応じて分割しますが、共同相続人全員が同意した上で、具体的相続分と異なる分割を行うことも可能です。

 

 

福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687