弁護士コラム

2017.04.11

14 遺産分割(10)遺産分割手続きの対象③

遺産の売却代金や、火災等によって滅失した場合の損害賠償債権など、遺産の代わりとなる財産のことを、代償財産と呼びます。

 

代償財産についても、判例は、共同相続人全員によって他に売却された財産は、遺産分割の対象たる相続財産から逸出するとして、その売却代金は、特段の事情がない限り、相続財産には加えられず、共同相続人が各持分に応じて個々にこれを分割するとして、分割単独債権となるとしています。

 

すなわち、賃料等の果実と同じく、分割手続きを待たずに当然に分割されることとなります。

また、果実と同じく、共同相続人全員の合意があれば、これを対象とすることができる(特段の事情)のも同じです。

 

 

福岡市内の方だけでなく,那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687