弁護士法人菰田総合法律事務所

遺産相続コラム

遺す側が備える遺品整理(生前整理)

ご自身が亡くなった時、遺された家族や親族の方は相続の手続きと併せて、遺品整理を行います。遺された家族や親族らが困らないようにするためには、遺す側は生前にどのような準備を行う必要があるのでしょうか。
生前に行うべき準備についてご説明いたします。

遺品の整理について
遺す側が遺品整理に備える準備として、一番に、遺言書やエンディングノートを作成することが上げられます。
相続手続きに必要になる重要書類がどこに置いているのか、記載をしておくことで遺された側が、書類を探す負担が軽減されます。
また、法的効力を持った遺言書を作成することで、所有財産(貴重品や不動産等)について、どのように相続させるのか相続人に伝え、相続人同士の不要な争いを防ぐことができます。
また、遺された側が遺品整理をするとなると、故人に対する思い入れから、なかなか処分できなくなってしまうというケースが多々見られます。
このような事態を防ぐために、生前に自ら不用品を処分し、思い出の品の整理を行うと良いでしょう。
思い出の品は、ダンボール数箱に納まる程度にとどめる等、残す物品の量を決めて行うことで、整理しやすくなります。


一覧ページに戻る

オフィシャルサイト

24時間WEB予約

相続相談シートダウンロード

まずは無料相談をご予約下さい 0120-755-681

まずは無料相談をご予約下さい 0120-755-681

top