弁護士法人菰田総合法律事務所

遺産相続コラム

遺品整理を行う前の心構え

親や親族の遺品整理はある日突然やってきます。遺品整理を行う前の心構え
遺品整理をいざ始めようと思っても、突然の故人の死を前にすると、どうやって進めたらいいのか、何をすればいいのか分からない方も多いと思います。
必ずしも正解があるわけではないので、遺品整理を始める前に必要な心構え等をご紹介します。
参考にしていただければ幸いです。

<必要な心構え>
①必要なもの、不要なものを選別する
②所有している不動産の権利書、賃貸物件の場合は契約書、実印や保険証書、通帳などの重要な書類を探す
③エンディングノートがあれば、故人の意向に沿う
④思い出に浸りすぎると時間がかかってしまうので、割り切る
⑤衣類などは故人の想いが伝わるものを少し残す
⑥手紙、日記は読まずにまとめておく
⑦親の私的なものは自分が死んだ時に置き換え、子供に見せたいかどうかを考える
⑧自分だけで進めようとせず、頑張りすぎない
⑨手元に残せない思い出のものは写真などに残す
⑩手元に置いておきたい思い出の品を残す

上記のうち、②の書類についてですが、様々な手続きをする際に必要になるので必ず見つけた方で良いでしょう。印鑑や通帳は比較的すぐに見つかるとは思いますが、契約書や権利書は日頃使うことがないので、見つからない可能性が高いです。
見つけた場合は、決まった場所に保管しておいた方でいいでしょう。
また、思い出や悲しみに浸ってしまうとなかなか進まないので、ある程度の割り切りも必要になります。自分だけで難しい場合は、近しい人に手伝ってもらいながら進めていくのがよいでしょう。

一覧ページに戻る

総合サイト

24時間WEB予約

相続相談シートダウンロード

まずは無料相談をご予約下さい 0120-755-681

まずは無料相談をご予約下さい 0120-755-681

top