遺留分

悩み

遺留分とは何ですか?
遺留分とは誰に認められるのですか?

「遺留分」って何ですか?

「遺留分」とは、遺言などによって相続人の相続分が著しく少なくなった場合、最低限の相続分を保証するというものです。
なお、遺留分とは、法定相続分の1/2認められます。
*相続人の中でも、兄弟姉妹には遺留分が認められません。

【例】
 故人の遺言で、「遺産は全額、長男(長女)に相続させる」という内容があり、相続分がない二男(二女)は生活に困窮することになった。このため、二男(二女)は法的に定められた割合の「遺留分」を長男(長女)に請求した。

コモダに相談!
「遺留分」の請求に関しては、弁護士が代理で行うことができます。
 親族間の金銭のやり取りはデリケートな内容となるので、第三者であり法律の専門家を間に入れることで、争いやトラブルを未然に防ぐことができます。

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687