相続手続きの流れ

相続発生してからの相続手続きの流れ

STEP① 相続人・相続財産の確定

STEP① 相続人・相続財産の確定法定相続人の範囲、相続財産の内容などを確定させます。
相続人が被相続人の財産をすべて把握しておらず、隠れた財産に気付かないまま遺産分割に進むケースもよくあります。相続財産は最初にしっかりと確定させておくことが大切です。

《3カ月以内》

「相続放棄」や「限定承認」をする場合は、相続開始後から3カ月以内に家庭裁判所での手続きが必要となります。

 

STEP② 遺産分割協議

STEP② 遺産分割協議法定相続人と相続財産が確定したら、誰が何を取得するかを話し合いで決定します。
遺言の有無や、遺留分、寄与分、特別受益なども考慮しながら、納得できる分割方法を協議します。

《1年以内》

「遺留分」を主張する場合は、相続開始後から1年以内に行う必要がありますので注意しましょう。

※ここでトラブルに発展したらSTEP⑤へ

 

STEP③ 遺産分割協議書をまとめる

STEP③ 遺産分割協議書をまとめる遺産分割協議で決定した事項を遺産分割協議書に記して、相続人全員の実印や印鑑証明書など必要書類を用意します。

STEP④ 遺産分割を実行

被相続人の預貯金の解約や、不動産の登記、売却などを行い、相続人それぞれに分割します。

<STEP②でまとまらなかった場合>

STEP⑤ 調停

遺産分割協議で話し合いがまとまらなかった場合は、家庭裁判所にて調停を行います。調停委員及び弁護士等が相続人たちの間に入って再度話し合いを行います。

STEP⑥ 審判

調停でも解決ができなかった場合は、家庭裁判所で審判に進みます。最終的には裁判官によって審判が下され、相続人はそれに従うことになります。

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687