寄与分

寄与分についての悩み

親の介護をしたのに、ほかの兄弟と同じ遺産額なのは納得いかない
報酬なしで親の会社を手伝ったら、遺産は多めにもらえますか?

寄与分とは?

相続人のうちの誰かが被相続人を介護したり、被相続人の事業に従事することで、遺産が維持されたり増加に貢献した場合は、「寄与分」として法定相続分にプラスして遺産を相続できる権利があります。

寄与分と認められる例

【例①】

要介護認定を受けている被相続人を、介護ヘルパーなどを頼らずに相続人が自ら自宅で介護した。
相続人が被相続人を介護することで、介護ヘルパー代や介護施設代といった出費が抑えられ、遺産を維持できたので「寄与分」と認められる可能性がある。

【例②】

被相続人が経営する会社の業績が悪いため、相続人が適正金額以下の給料をもらって(もしくは無給で)仕事を手伝った。
相続人がボランティア的に被相続人の事業に従事することで、遺産の維持・増加に貢献したため、「寄与分」が認められる可能性が高い。

【例③】

相続人が被相続人に対して、まとまった金額の仕送りをしていた。
被相続人の遺産の維持・増加に貢献したため、「寄与分」が認められる可能性が高い。

寄与分の算出

寄与分の算出介護による寄与分であれば、被相続人の介護認定のレベルを考慮し、相続人が実際に行ってきた介護内容や時間・期間をもとに寄与分額を算出します。なお、一般的に子供が親の面倒を見るレベル(食事の準備をしてあげる、施設に頻繁に見舞いに行く等)については、子供による親への扶養の範囲であり、なかなか寄与分として相続分を変動させることは難しくなります。
事業の従事に対する寄与分であれば、一般の従業員の給料を参考に従事した時間や期間によって寄与分額を算出します。

コモダに相談!
「親の介護をしたから……」という相続人の声をよく聞きます。しかし「介護」で寄与分が認められるケースはそう多くありません。多少の介護は「親子の扶養義務」の範囲に含まれますし、寄与分が認められるためには、細かい検証が必要になってきます。
相続人のうちの誰かが介護をしているという場合は、早めに弁護士にご相談ください。

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687