弁護士コラム

特別受益の持戻し計算ってどうやるの?

相続人の中に特別受益者がいると認められた場合、「特別受益の持戻し」の計算はどのように行われるのでしょうか。

~具体例~
被相続人の相続財産総額:5,000万円
相続人:配偶者と長男、次男の計3人
特別受益者:長男が被相続人の生前、1,000万円の贈与を受けていた場合

この5,000万円の相続財産を法定相続分通りに分割する場合、各相続人の法定相続分は以下となります。

・配偶者…2分の1(2,500万円)
・長 男…4分の1(1,250万円)
・次 男…4分の1(1,250万円)

しかし、今回の例では長男が生前贈与を受けているため、1,000万円を特別受益分とみなし、特別受益の持戻し計算を行います。

まず、遺産分割の対象となる相続財産総額は、5,000万円に長男の特別受益分1,000万円を加えた6,000万円となります。これを法定相続分通りに分割すると、各相続人の相続分は配偶者が3,000万円、長男と次男は1,500万円ずつとなります。そして、特別受益者である長男の相続分は、法定相続分1,500万円から特別受益分1,000万円を控除された500万円となります。よって、上記の例における各相続人の相続分は以下となります。

・配偶者…3,000万円(6,000万円×2分の1)
・長 男…500万円(6,000万円×4分の1-特別受益分(1,000万円))
・次 男…1,500万円(6,000万円×4分の1)

なお、相続分以上に特別受益があったとしても返金する必要はありません。この場合、特別受益者の具体的相続分がゼロになるだけです。

菰田総合法律事務所では、相続税全般についての相談を承っております。
まずは相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-681)までお問い合わせください。
ご契約後はチャットツールなどでも相談のやり取りが可能!
福岡県内(福岡市、那珂川市、大野城市、糸島市…)、佐賀県など九州各県の方もお気軽にお問い合わせください。

2019.04.17

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687