弁護士コラム

遺留分とは

「遺留分」とは、被相続人の配偶者や子供など一定の範囲の相続人が相続できる、法律上保障された最低限の取得分のことを言います(民法第1028条)。民法は、相続人の生活保障及び遺産形成に貢献した相続人の潜在的持分の清算という観点から、法定相続人が遺産をできるだけ多く取得できるよう配慮して作られています。しかし、その反面で、被相続人の意思も考慮しなければならないため、遺言や遺贈などの方法で自由に遺産を相続させることができるようにも定められています。

では、親族の中で、遺留分の権利はどこまで保障されているのでしょうか?民法上、遺留分の権利は、①配偶者、②子や孫などの第一順位の血族相続人と③父母や祖父母などの第二順位の血族相続人に保障されています。兄弟姉妹は第三順位の血族相続人ですので、遺留分の権利を有しません。そして、相続人が被相続人の直系尊属のみの場合、遺留分の割合は法定相続分の3分の1になります。その他の場合、つまり相続人に配偶者等の直系尊属以外の相続人もいる場合は、遺留分の割合は法定相続分の2分の1になります。

例えば、亡くなった父親が遺言書を遺しており、「愛人に全財産を相続させる」と記載があった場合は、配偶者であっても、実の子供であっても被相続人の遺産を相続することができません。そのような場合に、遺留分を有する法定相続人が「遺留分」を主張し、愛人に対して遺留分減殺請求をすることができます。

 

相続のことでお困りの方は菰田総合法律事務所にご相談下さい。
相続税のことまで考えた相続対策をご提案させて頂きます。

博多・那珂川にオフィスがあるので、お住まいや職場の近くのオフィスで相談可能です。
福岡県内(福岡市、粕屋郡、古賀市、北九州市…)、佐賀県など九州各県の方もお気軽に0120-755-687までお問い合わせください。

2019.04.18

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687