相続について

相続人の順位と法定相続分は?

相続においては、相続人の優先順位と、法的に定められた相続分(割合)があります。
第1順位配偶者(1/2)、子供(1/2を子供の人数で割った分)
第2順位(子供がいない場合)配偶者(2/3)、親(1/3を親の人数で割った分)
第3順位(子供や親がいない場合)配偶者(3/4)、兄弟・姉妹(1/4を兄弟・姉妹の人数で割った分)
*親、兄弟・姉妹。義理の親、兄弟・姉妹は含まれません。
*前夫・前妻との間の実子も第1順位の相続人となります。

コモダに相談!
家族・親族関係が複雑であったり、養子縁組などがある場合は、相続人の優先順位がわかりにくい場合があります。
ご不明な点は当事務所までご相談ください。

相続の対象となる物は?

相続といえば、一般的にプラスの財産を引き継ぐイメージがありますが、実はマイナスとなる相続財産も一緒に引き継ぐことになります。
対象物は以下のとおりです。

相続の対象となる物は?[プラスの財産]
不動産、家財道具、車、預貯金、金融商品(投資信託、株式、有価証券)など

[マイナスの財産]
借金全般、ローン、その他の債務

コモダに相談!
相続対象であるかどうか迷うものもあるかと思います。
またマイナスの財産となる債務については、契約内容も重要となりますので、まずは当事務所にご相談ください。

「相続税」とは?

相続財産を相続税評価額に換算し、そこから基礎控除額を差し引いた金額にかかる税金のことをいいます。

「相続税」とは?相続税が発生する金額 算出法(平成27年1月1日まで)
 遺産の評価額 - 基礎控除額(5,000万円+相続人の人数×1,000万円)
= プラスになった金額に相続税が発生

相続税が発生する金額 算出法(平成27年1月1日以降 *法改正があるまで)
 遺産の評価額 - 基礎控除額(3,000万円+相続人の人数×600万円)
= プラスになった金額に相続税が発生

*相続税の税率は一律ではなく、金額に応じて変動します。

コモダに相談!
当事務所では、相続税申告に特化した税理士事務所も運営・併設しておりますので、相続税に関するご相談・シュミレーションや申告手続もスムーズです。

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687