相続放棄

悩み

「親が多くの借金を残して亡くなったのですが……」
「全く価値のない不動産を相続したくありません」

相続放棄とは?

相続放棄とは?相続が発生した際、相続人は現金や不動産、預貯金といったプラスの財産を相続するだけでなく、住宅ローンや借金といったマイナスの財産も同時に相続することになります。
相続財産がプラスであれば問題ありませんが、マイナスの財産の方が多い場合は、「相続放棄」という相続をしない選択ができます。

相続の種類

単純承認

プラスの財産もマイナスの財産もすべて相続することを「単純承認」といいます。
相続開始後3カ月以内に「相続放棄」や「限定承認」の手続きを取らなければ、自動的に「単純承認」したとみなされます。

相続放棄

プラスの財産もマイナスの財産もすべて相続しないことを「相続放棄」といいます。マイナスの財産が多い場合はこの方法がとられます。
相続人が被相続人の死亡を知った日から3カ月以内に家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出し、それが認められれば「相続放棄」が成立します。

【例】

故人の残した財産が5,000万円あるけど、借金は1億円あった。
マイナスが大き過ぎて返済ができないので、「相続放棄」でプラス分とマイナス分両方とも相続することを放棄した。

※第1順位の相続人が相続放棄した場合は、第2順位、第3順位の相続人に相続権が移ります。

限定承認

「相続で得たプラスの財産の範囲で借金(ローン含む)を返済する」という条件で相続をすることを、「限定承認」といいます。
仮にプラスの財産で借金を清算した後に残った借金については、不足分を支払う必要はありません。
「相続放棄」と同様に、相続が発生してから3カ月以内に家庭裁判所での手続きが必要となります。

【例】

故人の残した財産が2,000万円あるけど、借金は4,000万円あった。
マイナスが大きくて返済責任を負うことができないが、プラスの財産の中にどうしても放棄したくない物があるので、「相続放棄」ではなく「限定承認」を選択。
4,000万円の借金のうち、プラスの相続分2,000万円までを限度として返済した。
※限定承認をする場合は、複数いる相続人の全員すべてが限定承認の手続きをしなければいけません。

コモダに相談!

「相続放棄」や「限定承認」は、相続人がただ宣言するだけでは認められません。被相続人の死亡を知ってから3カ月以内に家庭裁判所での手続きをして、初めて認められます。
被相続人に少しでも借金やローンなどがある場合や、各種の保証人になっている場合は、早めに弁護士にご相談ください。プラス・マイナスの財産の内容を見極めて、相続人にとって有利な選択をアドバイスいたします。

YouTube Google+ Facebook
0120-75-5687